キャッシングするにあたって大切なこと

私が書くにあたって、大切にしていることをまとめてみました

まず大切にしているのは、テーマ選び。ノンフィクションの出来の半分は、これで決まると思っています。なにより大切なのが、書きたいテーマおよび内容ですでに書かれていないかどうか。これ、「あり」だと基本アウトです。それでも書くんだという人もいますが、私は「あり」だとテーマの候補から除外しています。

いまの私には、取材をキャッシングしてまでお金をかけずにできるどうかも大切です。風疹について書いてみてよかったのは、すでに多くの論文が書かれていた(のに1冊の本にはまだまとまっていなかった)ことでした。

「書きたくて」かつ「書かなきゃ」と思えるかどうかも、大切です。「好き」だけを動機に書き始めると、行き詰ることもあります。(行き詰らない人もいます。)
では「書かなきゃ」と思うには?
ノンフィクションについていえば、テーマに関してしっかり疑問が立てられるかどうかが大切かなと思います。一方で、疑問だけでは1冊の本を完成さっせることはできないとも思っています。

以上、私が大切にしていることを3つ書いてみました。なお次に書く予定なのは小説で、その次はノンフィクション。今年書くものは、すでに決まっています。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ